プロテインと相性のいい食事で身体を作る

プロテインと相性のいい食事で身体を作る

プロテインはタンパク質です。だから、食事で肉類などでも十分取れます。けれども、高タンパク質な食事は同時に脂肪分も多く含んでいますから、タンパク質補給に肉を沢山食べていると脂肪過多で肥満になることもあります。だからこそプロテインの価値があります。

筋肉づくりにはタンパク質とバランス良い食事

プロテインはタンパク質が非常に高いのに、脂肪分は微々たる量です。しかも数分で吸収されます。高タンパクでカロリーの低い食品は複数あるものの、プロテイン以上の魅力的なものはないため、食事の工夫だけでは、なかなか筋力づくりや美しいボディ作りは難しくなります。不要な栄養分はありませんが、摂り過ぎるとダメな栄養分というのはあります。そのバランスを考えながら、タンパク質を摂るには、カロリーを気にしないで効率の良いタンパク質補充可能なプロテインをプラスすることで食事は簡単に理想的になります。
タンパク質以外に必要なものを食事に加えて、目的を短期に果たすことができるというものの、糖質やビタミン、それを吸収させやすくする油、タンパク質の高摂取で腸が悪くならないための食物繊維など筋肉を作るためのエネルギーや化学合成を、いかに失敗しない献立にするかと悩んでしまう人は少なくありません。これらの食品はひとつ違うと目的を阻む悪となる可能性が高いからです。

タンパク質の必要量と食事計算

プロテインが質の良いタンパク質だからと摂りすぎたり依存してしまい、エネルギー摂取過多で肥満症になる人やそれが原因となる病気になってしまう人もいます。便利だと考えて用いるプロテインも体重や性別、ライフスタイルなどによって必要量が違うということを認識しておくことです。単にプロテイン摂取だけで効果があると考えてはいけません。そのために食事で摂取しているタンパク質を含む食品チェックなどもしっかりしなければなりません。ダイエットで用いたはずが体重が増えたり、筋力アップでたくましくなるはずが体重減でみすぼらしくなるという場合は、摂取量を間違っていると言えます。
プロテインさえどんどん摂取していれば良いという考え方は決して目的達成にはなりません。しかし、食べた食品ごとに何がどれだけ含まれているか、カロリーはどれくらいかと調べたり、他に必要で効果を増す栄養分をどんな食材でどのように補うべきかを調べるたりするのはとても大変です。

プロテインの種類や内容を見て自分に合ったものを

プロテインはたんぱく質は吸収されれば分解されてアミノ酸になります。そのために働いてくれるのがビタミンB6です。これが不足することでしていると体外排出で無駄になったり脂肪や糖になり体内に残ることになります。マグロの赤味やかつおにさんま、レバーやもも肉、にんにくやバナナなどで、ビタミンB6を補えます。
これらを献立に組み合わせることと自分に合ったプロテイン摂取量を忘れなければ、食事で神経を使い、悩むことはありません。そして、さらに効果を不動のものにしたいなら、プロテインを目的別に選択しましょう。ダイエット用や筋肉づくり、健康維持と目的によりプラスされた栄養素があります。原材料も複数ありますし、脂質や糖質、ビタミンやミネラルなど、摂り過ぎると良くないけれども必要なものが目的に合わせてブレンドされています。食事の置き換えとして安心して摂取できるように作られているので、内容をよく見て選択すると良いでしょう。

おわりに

プロテインを目的に合わせて意識しなければならないことはたくさんあります。効果的な食事もさることながら、摂り過ぎないことも大事です。食事や摂り過ぎ、あるいは摂取不足にならないための苦労は困難だと言う人は、目的に合った栄養素もブレンドされたプロテインを購入して、一食置き換えなどで目的を果たすのも良いでしょう。
量も栄養バランスも自分の目指すゴールのために配分されていますから安心です。もちろんビタミンB6を食事に補えれば更に良いでしょう。

About プロテインエブリデイ編集部 10 Articles
プロテインについて色々知ってほしい。プロテイン初心者の方にも優しく、わかりやすい情報をお届けします。